チェック項目の詳細

それぞれの項目について、機能のご説明と表示内容をご説明します。
 

1.結果サマリ

付番の順序ミスなど、形式的な部分の書類不備を減少させるための機能です
ここではサマリとして、各添削項目の結果を表示しております
エラーがあった場合、赤字でアラート表示します

 

2.請求項チェック

・請求項の数
ユーザー側の条件として請求項の数をチェック・コントロールしたい場合にご活用ください
明細書中の請求項をカウントします

・先行詞(前記、該)

先行詞ミスによる文章構造の曖昧化、また権利範囲の不安定化防止にご活用ください
先行詞を導く要素が、先行詞よりも前の「特許請求の範囲」の文中にないものを検出します
エラー検出の場合、エラーの請求項・エラー語句・確認すべき請求項(またそのクレームツリー)を提示します

・従属関係(項番)

従属関係のチェックと本願発明の内容の整理にご活用ください
「特許請求の範囲」の請求項の構造として従属関係の適切でない項を検出します
エラー検出の場合、エラーの請求項と、それがどの請求項へ従属しているかを提示します

・従属関係(発明カテゴリ)

請求項のカテゴリを適切にし、権利範囲の安定化のためのチェックにご活用ください
請求項の従属関係を見た時に、その請求項の発明のカテゴリが適切でないものを検出します
例えば「方法」の請求項が「装置」の請求項に従属している場合に合致していない旨のアラート表示します

・発明の名称

発明の名称の不統一・欠落を防止し、権利範囲の適切化・安定化をはかる機能です
「明細書」に記載された「発明の名称」と、請求項に記載されている発明が対応しているかをチェックします
請求項にのみ記載があって「明細書」の「発明の名称」に記載されていない名称を検出してアラート表示します

・請求項ツリー構造

全請求項のツリー構造を一覧で示しています
上記の[請求項チェック]内の確認の際にご参照ください

 

3.符号チェック

※英文添削では確認のため名詞の単数形/複数形を区別しています

・符号一覧

細かく付された符号と該当名称を一覧表示し、ミスを細かくチェックできます
全符号を登場回数とともに一覧表示し、名称が同一ではないにもかかわらず参照の符号が重複しているものを検出します
また[表示]をクリックすると、記載の該当箇所をピックアップして表示します
符号がついた名詞の記載ゆれや符号ミスのチェックにご活用ください

・明細書の「符号の説明」

上記のチェック項目で検出された重複の修正にご活用いただけます
明細書に記載された【符号の説明】を一覧表示しています
上記のチェック項目で検出された重複の修正にご活用ください

 

4.名詞チェック

※英文添削では確認のため名詞の単数形/複数形を区別しています

・符号ミス(符号忘れ)候補

名詞に関して明細書の【発明を実施するための形態】での記載について、符号のないものを赤くアラート表示します
“記載回数”は全明細書中での登場回数を検出しています
[表示]をクリックすると、記載の該当箇所をピックアップして表示します

・サポート要件違反候補

「明細書」中の”実施形態”部分に記載がなければ、正しく本願発明の権利範囲に関する記載と認められない可能性があり、それを避けるための機能です
請求項の名詞が【発明を実施するための形態】に記載があるかを検出し、記載のないものを赤くアラート表示します
[表示]をクリックすると、記載の該当箇所をピックアップして表示します

・登場名詞一覧

こちらは主に記載ゆれの確認や語句の記載部分の確認にご活用ください
「明細書」と「特許請求の範囲」に登場する名詞を一覧表示しています
[表示]をクリックすると、記載の該当箇所をピックアップして表示します

 

5.動詞チェック

※英文添削では動詞のチェックを原形にて行っています

・サポート要件違反候補

名詞と同様に、「明細書」中の”実施形態”部分に記載がなければ、正しく本願発明の権利範囲に関する記載と認められない可能性があり、それを避けるための機能です
請求項の動詞が【発明を実施するための形態】に記載があるかを検出し、記載のないものを赤くアラート表示します
[表示]をクリックすると、記載の該当箇所をピックアップして表示します

・登場動詞一覧

「明細書」と「特許請求の範囲」に登場する動詞を一覧表示しています
記載ゆれの確認や語句の記載部分の確認にご活用ください
[表示]をクリックすると、記載の該当箇所をピックアップして表示します

 

6.図面チェック


・図面の引用チェック

「明細書」の“本文側”の記載不備をチェックするための機能です
「明細書」の記載の中から、「明細書」で引用されていない“【図面の簡単な説明】に記載された図面”を検出します

 

 

back